06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

名もなき毒

2009.06.10 (Wed)

名もなき毒名もなき毒
(2006/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

あらゆる場所に「毒」は潜む-。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎が、私立探偵・北見を訪れて出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。現代ミステリー。
スポンサーサイト
00:00  |  読んだ本  |  Trackback(2)  |  Comment(0)

最後のパレード

2009.05.12 (Tue)

最後のパレード



色々な意味で話題の本です。

長男が書店の残り一冊のところを

「やった!買った!」と 先日購入し帰宅。

でもって私は、購入者よりはやく読んだのでした^^;


泣かない私が 泣いた! 泣けた! (TT0TT) 

もう一話めで やられました。とにかく感動して泣けます!


あっという間の一気読み。

感動したし、

ディズニーランドってスゲェ!!って思いました。

こういう気持ちで働いているって

世界各国の中でも 日本だけなんじゃなかろうか?

日本独自の 「文化」 なんじゃなかろうか?と思いました。




しか~し、この本 盗作疑惑で 完全撤去されています。

ディズニーランドであったこころあたたまるお話 

のはずだったのに

どうやら 「盗作」でしかも「ディズニーランドではない」らしい・・・ 

ご参考  「最後のパレード」回収を発表 出版元、盗作疑惑問題で
      サンクチュアリ出版


「もう買えないから 高くなるかもよ」 と長男

確かにネット書店にはどこにもないわ。

あっ!とオークションサイトをみたら、あるわあるわ。

結構なお値段で 次々落札されている。

みんな スゴイ・・・・・・・
00:00  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

女子高生ちえの社長日記

2008.11.26 (Wed)

女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?
(2007/06/22)
甲斐莊 正晃

商品詳細を見る


何気なく図書館で借りた一冊。

これが結構面白かった!

くだらなかったら辞めようと読み始めたら、これが面白い!

経済音痴の私が よくわかり、楽しめました。

(経済に詳しい人には当たり前のことなのかもしれませんね)

生まれ変わったら (って大袈裟だな)

今度は経済学部がいいなぁと思っているこの頃。

ちょっとした知的好奇心を満たしてくれました。

続編もあるらしい。楽しみです。

よかったら どうぞ!

00:00  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

荻原浩 その1

2008.09.27 (Sat)

ずっと書いていなかった 「読んだ本」 について

何か月分かまとめて。

今回は 「荻原 浩」氏の作品。

私のここ1~2年のお勧めは 1番が 井坂幸太郎氏

               2番か3番に この 荻原浩氏の作品です。


これまで 「オロロ畑でつかまえて」「コールドゲーム」など読みましたが、

どれもおもしろい!

これはおもしろい!という本を見つけると、

その人の本を次々借りるので。

ざざっと紹介です。




ママの狙撃銃ママの狙撃銃
(2006/03)
荻原 浩

商品詳細を見る

福田陽子は一見ふつうの主婦。ある時、「もう一度仕事をしてみないか」??25年ぶりのKからの電話。幼い頃米国に住む祖父の元で暮らした陽子は、祖父からあらゆることを教わった。射撃や格闘技、銃の組み立て・分解。そう、祖父の職業は「暗殺者」だったのだ。

珍しい女主人公。今は平凡な主婦だけど、実はクォーターのスナイパーだった!
って これスゴイ設定ですよね。ありえない!
他の作品に比べちょっと物足りなさも残りますが、十分たのしめました。

****************************************

あの日にドライブあの日にドライブ
(2005/10/20)
荻原 浩

商品詳細を見る

元エリート銀行員だった牧村伸郎は、上司へのたった一言でキャリアを閉ざされ、自ら退社した。いまはタクシー運転手。公認会計士試験を受けるまでの腰掛のつもりだったが、乗車業務に疲れて帰ってくる毎日では参考書にも埃がたまるばかり。営業ノルマに追いかけられ、気づけば娘や息子と会話が成立しなくなっている。
ある日、たまたま客を降ろしたのが学生時代に住んでいたアパートの近くだった。あの時違う選択をしていたら…。


あの時、別の選択をしていたら・・・?
今、あの時に戻ったら・・・?

「人生をやり直す」 

誰でも一度は 考えたこと とまでいわなくても空想したことあるだろうと思います。
「あの日にドライブ」 ってちょっといいタイトルですよね。
ハッピーエンディングでとても読後感もいいです。お勧めの一冊。


******************************************



僕たちの戦争 (双葉文庫)僕たちの戦争 (双葉文庫)
(2006/08)
荻原 浩

商品詳細を見る

“根拠なしポジティブ”の現代のフリーターと、昭和19年の「海の若鷲」にあこがれる軍国青年が時空を超えて入れかわった! それぞれの境遇に順応しつつも、ふたりはなんとか元の時代に戻ろうとするが……。おもしろくてやがて切ない、愛と青春の戦争小説。

サーフィンをしている現代の19歳の若者健太
1944年太平洋戦争中の霞ヶ浦練習航空隊で飛行訓練をしている吾一
この二人がタイムスリップで入れ替わってしまいます。

異世界でもなく、
同じ日本という国、しかもたかだか60年前 なのに 
入れ替わったときの ギャップ というかカルチャーショックはたいへんなもの。

だけど、長い入れ替わっている期間に、
二人はそれぞれの世界に順応していきます。

戦争の悲しさや悲惨さを訴えているというわけではないのですが、
いろんなことを考えさせられもします。

この作品、確か2時間ドラマになっていませんでしたっけ?
山下クンが主演だったような・・・・違うかな。

一気に読んでしまうことうけあいの 文句なくおもしろい作品でした。

でも エンディングが・・・・あれからどうなるの? 


******************************************


千年樹千年樹
(2007/03)
荻原 浩

商品詳細を見る

ある町に、千年の時を生き続ける一本のくすの巨樹があった。千年という長い時間を生き続ける一本の巨樹の生と、その脇で繰り返される人間達の生と死のドラマが、時代を超えて交錯する。




******************************************



明日の記憶 (光文社文庫)明日の記憶 (光文社文庫)
(2007/11/08)
荻原 浩

商品詳細を見る

知っているはずの言葉がとっさに出てこない。物忘れ、頭痛、不眠、目眩――告げられた病名は若年性アルツハイマー。どんなにメモでポケットを膨らませても確実に失われていく記憶。そして悲しくもほのかな光が見える感動の結末。
上質のユーモア感覚を持つ著者が、シリアスなテーマに挑んだ最高傑作。


これは映画化されたので
ご存知の方も多いと思います。

人間老いることは避けられません。
父が倒れてから、特にいろいろ考えるようになりました。


悲しいけれど どん底に悲しく苦しく暗い話ではありません。
そこがまた荻原作品のスゴイところだなと思います。

確か本屋大賞の2位だったと思いますが、
1位だった恩田陸の作品より
個人的にはずっとずっと 良かったです。

感動します。

この作品は超お勧めです。ぜひ!




00:00  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

押入れのちよ

2007.12.03 (Mon)

押入れのちよ押入れのちよ
(2006/05/19)
荻原 浩

商品詳細を見る

今ならこの物件、かわいい女の子(14歳・明治生まれ)がついてきます…。
幽霊とサラリーマンの奇妙な同居を描いた表題作ほか、
「木下闇」「殺意のレシピ」「介護の鬼」など全9話を収録した、ぞくりと切ない傑作短編集。
20:22  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

テスタメント

2007.11.20 (Tue)

テスタメントテスタメント
(2001/01/31)
ジョン グリシャム

商品詳細を見る

奇妙な遺言を残し、老いた大富豪が自殺した。遺産はなんと110億ドル!
罠とも知らず富に群がる親族たち。
一方、真の遺産相続人に指名された謎の女性を捜し出すために、
アル中弁護士はブラジルの奥地へと飛んだ…。

23:16  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

求めない

2007.10.29 (Mon)

『求めない』 加島祥造『求めない』 加島祥造
(2007/06/29)
加島 祥造

商品詳細を見る

現代語訳「老子」がベストセラーになっている詩人・アメリカ文学者の加島祥造氏が、長野県伊那谷の自然に住むなかで次から次へと湧き出てきた、すべてが「求めない」で始まる詩約100篇を収録した珠玉の詩集
20:52  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2007.10.24 (Wed)

噂 (新潮文庫)噂 (新潮文庫)
(2006/02)
荻原 浩

商品詳細を見る

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり・・・・・
20:52  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

予知夢

2007.10.22 (Mon)

予知夢 (文春文庫)予知夢 (文春文庫)
(2003/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る

素封家の屋敷に侵入者があった。
犯人は27歳の青年。2階で眠っていた娘を襲おうとしたらしい。
逮捕された犯人は、17年前、その少女と結婚する夢を見たという。
夢に現れた少女が現実に存在するとは? 予知夢はあるのか
16:38  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アヒルと鴨のコインロッカー

2007.10.12 (Fri)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の美青年。
初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち掛けてきた。
彼の標的は―たった一冊の広辞苑。
僕は訪問販売の口車に乗せられ、危うく数十万円の教材を買いそうになった実績を持っているが、
書店強盗は訪問販売とは訳が違う。
しかし決行の夜、あろうことか僕はモデルガンを持って、書店の裏口に立ってしまったのだ!


00:47  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

削除ボーイズ

2007.10.02 (Tue)

削除ボーイズ0326削除ボーイズ0326
(2006/10)
方波見 大志

商品詳細を見る

主人公、直都が手に入れたのは、出来事を「削除」できる装置だった。
第1回ポプラ社小説大賞受賞。
20:46  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

臨場

2007.10.02 (Tue)

臨場 (光文社文庫 よ 14-1)臨場 (光文社文庫 よ 14-1)
(2007/09/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る
00:35  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

楽園 上下

2007.09.26 (Wed)

楽園 上 (1) 楽園 上 (1)
宮部 みゆき (2007/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


楽園 下 楽園 下
宮部 みゆき (2007/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
22:32  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

明日の記憶

2007.09.18 (Tue)

明日の記憶 明日の記憶
荻原 浩 (2004/10/20)
光文社

この商品の詳細を見る


知っているはずの言葉がとっさに出てこない。
物忘れ、頭痛、不眠、目眩――告げられた病名は若年性アルツハイマー。
どんなにメモでポケットを膨らませても確実に失われていく記憶。
そして悲しくもほのかな光が見える感動の結末。


20:58  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『天使の梯子』

2007.09.14 (Fri)

天使の梯子
村山 由佳

なぜかどうしてもamazonからアップロードできなかった・・・?


『天使の卵』の続編
愛を失った歩太と夏姫は、再び愛を取り戻すことができるのか。
そして中学の担任教師だった夏姫にどうしようもなく惹かれていく慎一。
傷ついた3人が織りなす切ない愛のドラマ。
21:01  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

さらば外務省!

2007.09.12 (Wed)

さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を許さない さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を許さない
天木 直人 (2003/10)
講談社

この商品の詳細を見る

キャリア官僚が、自分の首と引き替えにして、外務省の封印されたままの犯罪をすべて書き尽くした!―禁断のベストセラー、待望の文庫化。(amazonより)
20:15  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

分身

2007.09.05 (Wed)

分身 分身
東野 圭吾 (1996/09)
集英社

この商品の詳細を見る


私にそっくりな人がもう一人いる。
あなたにそっくりな人がもう一人。
札幌で育った女子大生と、東京で育った女子大生…。
00:39  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

手紙

2007.08.21 (Tue)

手紙 (文春文庫) 手紙 (文春文庫)
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。
しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、
「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。
人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。
犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。
23:58  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

殺人の門

2007.08.18 (Sat)

殺人の門 (角川文庫) 殺人の門 (角川文庫)
東野 圭吾 (2006/06)
角川書店
この商品の詳細を見る

あいつを殺したい。
奴のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。
でも、私には殺すことができない。
殺人者になるために、私には一体何が欠けているのだろうか…。
心の闇に潜む殺人願望・・・
22:25  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

香子の夢

2007.08.09 (Thu)

香子の夢―コンパニオン殺人事件 香子の夢―コンパニオン殺人事件
東野 圭吾 (1988/10)
祥伝社
この商品の詳細を見る

パーティ・コンパニオン小田香子は驚いた。
仕事先のホテルの客室で、さっき別れたばかりの同僚牧村絵里が毒入りビールを飲んで死んだのだ。
現場は密室、警察は自殺だというけれど…。
知り合った若手刑事芝田と情報交換するうち、
今度は絵里の親友だった真野由加利が自室で扼殺され、
続けて香子の部屋までが何者かによって荒らされた。・・・
21:44  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

ストロベリーナイト

2007.08.06 (Mon)

ストロベリーナイト ストロベリーナイト
誉田 哲也 (2006/02/22)
光文社

この商品の詳細を見る

姫川玲子、二十七歳、警部補。
警視庁捜査一課殺人犯捜査係所属。
彼女の直感は、謎めいた死体が暗示する底知れない悪意に、
追ることができるのか。

22:52  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

どちらかが彼女を殺した

2007.08.05 (Sun)

どちらかが彼女を殺した どちらかが彼女を殺した
東野 圭吾 (1999/05)
講談社

この商品の詳細を見る

最愛の妹が偽装を施され殺害された。
愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。
一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。
妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。
殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。
18:57  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

10 ミニット・ダイアリー

2007.08.02 (Thu)

10 minute diary テン・ミニット・ダイアリー 10 minute diary テン・ミニット・ダイアリー
北川 悦吏子 (2005/04/23)
角川書店

この商品の詳細を見る

都会で一人暮らしをする五人の女の子の、
ちょっと特別だった日のダイアリー
21:41  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コールドゲーム

2007.07.28 (Sat)

コールドゲーム コールドゲーム
荻原 浩 (2005/10)
新潮社

この商品の詳細を見る

高3の夏、復讐は突然はじまった。
中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく…。
犯行予告からトロ吉が浮び上がる。
4年前クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。
だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。
光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだが―。やるせない真実、驚愕の結末。
高3の終らない夏休みを描く青春ミステリ。
23:57  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

探偵倶楽部

2007.07.17 (Tue)

探偵倶楽部 探偵倶楽部
東野 圭吾 (2005/10/25)
角川書店

この商品の詳細を見る

<探偵倶楽部>それは政財界のVIPのみを会員とする調査機関。
会社社長が風呂場で感電死した。
電気コードを用いた家政婦の犯行と処理されるが、
疑問を感じた社長夫人は探偵倶楽部に調査を命じ…。
23:12  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

恋愛写真

2007.07.16 (Mon)

恋愛写真―もうひとつの物語 恋愛写真―もうひとつの物語
市川 拓司 (2003/06)
小学館

この商品の詳細を見る

今年6月全国東急系150館で公開の映画『恋愛寫眞』(監督=堤幸彦)との共作で、話題作『いま、会いにゆきます』の著者・市川拓司が新たに書き下ろした「もうひとつの恋愛寫眞」である。
 カメラマン志望の大学生・瀬川誠人(まこと)は、個性的でとても謎めいた女の子・里中静流(しずる)と知り合う。
誠人は女の子にかなりの奥手だったが、静流とは自然にうちとけるようになる。
やがて誠人は静流に思いを告げられるが、誠人には好きな人があり、その思いを受け取ることはできなかった。
…卒業を待たずに清流は姿を消した。
実は静流には「恋をすると死んでしまう」という宿命があった。
それでも彼女は恋をしたのだった……。
15:27  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

女性の品格

2007.07.12 (Thu)

女性の品格 女性の品格
坂東 眞理子 (2006/09/16)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

いまや女性の社会進出、活躍が当たり前となった日本社会。
学校や職場でも優秀で元気なのは女性ばかり。
もはや古い型の「女らしさ」は求められない?
いや、女性上位の時代だからこそ、従来の男性とは異なる価値観、よき女性らしさを、職場や家庭に持ち込んでほしい。
本書はビジネスから装い、話し方、恋愛にいたるまで、女性としての振舞い方を具体的にアドバイス。
「礼状が書ける」「約束を守る」「型どおりの挨拶ができる」といったふだんの言動に、女性の生き方と品位はおのずと表われるのである。
19:23  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

螺鈿迷宮

2007.07.04 (Wed)

螺鈿迷宮 螺鈿迷宮
海堂 尊 (2006/11/30)
角川書店

この商品の詳細を見る

この病院は、あまりにも、人が死にすぎる――
日本の医療界を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から一年半。
その舞台となった東城大学に医学生として通う天馬は、
留年を繰り返し既に医学の道をリタイア寸前だった。
ある日、幼なじみの新聞記者・葉子から、
碧翠院桜宮病院に潜入できないかと依頼を受ける。
城大学の近隣病院である桜宮病院は、
老人介護センター、ホスピス施設と寺院を一体化させた複合型病院であり、
終末医療の最先端施設としてメディアの注目を集めていた。
しかし、その経営には黒い噂が絶えないという。
天馬は葉子の依頼を受け、看護ボランティアとして桜宮病院に通い始める。
そのうちに、奇妙な皮膚科医・白鳥と看護師・姫宮と出会うことになり……。
19:00  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

鳥人計画

2007.06.29 (Fri)

鳥人計画 鳥人計画
東野 圭吾 (2003/08)
角川書店

この商品の詳細を見る


「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。
捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。
それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。
警察に逮捕された峰岸は、留置場の中で推理する。
「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。
俺を密告したのは誰なんだ?」
警察の捜査と峰岸の推理が進むうちに、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がる…。
精緻極まる伏線、二転三転する物語。・・・
16:36  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

同級生

2007.06.28 (Thu)

同級生 同級生
東野 圭吾 (1996/08)
講談社

この商品の詳細を見る

同級生の宮前由紀子は俺の子を身ごもったまま、
そして俺の愛が本物だったと信じたまま事故死した。
俺にできる償いは本気の関係だったと皆に告白することと
事故の真相を暴くことだけだった。
やがてある女教師が関わっていたことを突き止めるが、
彼女の絞殺体が発見されるや、一転俺は容疑者にされてしまう。
00:51  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。