06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

そんなこともあったなぁ

2007.07.08 (Sun)

いわゆる「丸の内」に勤務していたころ。

大きなプロジェクトがすすんでいて、
毎日、戦争のようだった時があります。

何か不具合があったときには 必ず 要因がある。それを探せ。

当たり前のことなんですが、これがなかなか実践できない。

大きな不具合が見つかり
自分も大きくかかわっていたりすると、
罵倒されるわ、原因はさがさなきゃならないわで
パニック状態。
すぐに結果をださなくてはと浮き足たってしまいます。

そんななか、

「○○さん、昨日の時点でこれはどうだった?」

とさわぐことなく、
ひとつひとつ 要因を消していって原因をつきとめてくれた同僚。



何が原因だったかなんて全然おぼえていないけれど、

この人と一緒だったら、間違いないかも。
この人の奥さんになる人はきっと幸せだろうなと漠然と思った記憶があります。


当時は 学生時代から仲良しだった人もいたし、
会社でも 上司からアプローチをうけたりと・・・
その男性とは全然何もなかったし、
恋愛の「れ」の字も感じる相手ではなく。




今、あっちで ごーごーいびきかいて
おなかを出して寝ている人がその人だったりします。

人生ってわからないものですね。




今 独身の貴方!

ほら 気がついたらすぐ隣に
生涯 自分に大きくかかわってくる人がいるかもしれませんよ(^^)


スポンサーサイト
23:19  |  懐かしいこと  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

オニオンスライス

2007.07.04 (Wed)

夕飯にオニオンスライスを食べていて思い出したこと。

昔々、学生の時。
海外に演奏旅行に行くことになり、
某国立音楽大学から打楽器の助っ人さん♂がきてくれました。

畑違いだけど、同じ学生。
彼の英語の課題をケーキセットの報酬?でやったりしていました。
(一時期、私の親友のカレシだったこともあったし)
何回か一緒に飲みにいったことも。

彼はすでにもう、プロのお仕事もしているほどの腕で、
彼の音がはいるだけで、全体がうまくなったような…
という技術はスゴイ方・・・なのだけど
普段はそこにいるだけで面白い・・・?方でした。

初めて一緒に飲みにいったときのこと。

それぞれ 欲しいおつまみを適当に注文しますよね。

彼「腹へったなぁ・・・僕 オニオンスライスね」

 ちょっと変だと思ったけど、まぁこれはOK


お店の人が 「はい オニオンスライス~」ともってきても
彼は知らん顔。

きましたよ~ と渡すと。

「えっ 違うよ」・・・・???

「オニオン スライス 頼みましたよね?」

・・・・・・・?(゚_。)?(。_゚)?  沈黙・・・・・・・


「えっ オニオン スライス なの? 

 僕  オニオンス ライス かと・・・

            ご飯じゃないのか (-、-;)・・・・



「ご飯じゃないのか」・・・って どういうことだ (゚◇゚)ぽか~ん?


・・・・・・ 一瞬の沈黙のあと 大爆笑



どうも オーダーしたときの言い方に なんか違和感があったんですよねぇ。

ウソのようなホントの話でした。









19:06  |  懐かしいこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。