05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お弁当

2007.06.29 (Fri)

もうすぐ演奏会。

午後からゲネプロ(リハーサル)で 夜の演奏会です。

今回も「お弁当係り」の私(^^)

お弁当係りの権限!で
どこの何を頼んでもよいのですが、
結局、今年も 京だ○ に。

些細なことなのですが、
お弁当を選ぶ上で 気をつけることは・・・

予算 や 味。
配達してくれて、できればゴミの回収もしてくれるところ。
・・・などあることと思います。

でも うちのクラブの場合、1番大事なのは・・・

「こぼさないもの。とばないもの」

ステージ衣装は 下が黒のロング、上は 白のブラウス (ワイシャツ)

白に シミを作ったら大変 !
    結構、みんな こぼしたり、とばしたりしますものね^^;


だから トマトソースのスパゲティ とか
    汁物 おしょうゆかけるもの などはもってのほか なんです。




今回はちょっといろいろあって、

レンタル というか 派遣?というか
他のパートに急に 助っ人にいくことになりました。


「お時給分きっちりお仕事させていただきます。」

時給はないけど、篠原涼子してきたい? と思います(笑)

楽しく弾けたらいいな。






スポンサーサイト
16:39  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

鳥人計画

2007.06.29 (Fri)

鳥人計画 鳥人計画
東野 圭吾 (2003/08)
角川書店

この商品の詳細を見る


「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。
捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。
それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。
警察に逮捕された峰岸は、留置場の中で推理する。
「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。
俺を密告したのは誰なんだ?」
警察の捜査と峰岸の推理が進むうちに、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がる…。
精緻極まる伏線、二転三転する物語。・・・
16:36  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

さくらんぼ

2007.06.28 (Thu)

佐藤錦 いただきました(^^)
DSC00560.jpg
我が家は さくらんぼ今年初物です!

すごく甘くておいしい~。


うめぇ と次々に食べる兄弟。

もっと味わって食べてよ。

 さくらんぼでおなかいっぱいにしようとしないで下さい!


*****************

我が家の三男 ちっぷくん にもおすそわけ。

さくらんぼを見たとたん 籠の1番上から下まで
駆け下りてきました。

柄の部分をもって、
「ほら ほら さくらんぼよ~」と ちっぷへ

DSC00567.jpg



実の部分を手でガシっとつかんで、
ひっぱるチップと思わず綱引きを。

はやく はなせよ~ (by ちっぷ)

ちょっと身をよじるようにして、
実だけ奪うと、

脱兎のごとく、(って うちはウサギではなくてリスですが) 
最上階に逃げていきました。

DSC00562.jpg

そんな 大きなお口あけて、無理やり口にほおばらなくても、
きみのさくらんぼは とらないって・・・
00:51  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

同級生

2007.06.28 (Thu)

同級生 同級生
東野 圭吾 (1996/08)
講談社

この商品の詳細を見る

同級生の宮前由紀子は俺の子を身ごもったまま、
そして俺の愛が本物だったと信じたまま事故死した。
俺にできる償いは本気の関係だったと皆に告白することと
事故の真相を暴くことだけだった。
やがてある女教師が関わっていたことを突き止めるが、
彼女の絞殺体が発見されるや、一転俺は容疑者にされてしまう。
00:51  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

飲めなくても楽しめます

2007.06.22 (Fri)

先日、某夕食会(飲み会ともいう(笑)がありました。

場所は、神楽坂

神楽坂というと、なんとなく料亭のイメージ ありますよね・・・

だーは会社の関係で何回か
料亭(←ホントに密会でもしそうなところ(笑) や
飲み屋にもいっているようですが、私は初めて。

今回行ったのは、
通りをちょっと入ったところにあるこじんまりした落ち着いたお店

花かぐら


お料理もおいしく、
他のお客さんも気にならず、
とっても良かったですよ。

個室なのをいいことに
恐いくらい大盛り上がりの 母親達でした^^;

この年のおばさんたちが盛り上がると
恐いものなし!ですから^^;



23:10  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

マンゴー2

2007.06.19 (Tue)

また マンゴーです^^;

このごろ なにかとはやりの マンゴージュース
買ってからまずかったらやだなぁと二の足を踏んでいたのですが。

東南アジアからきた留学生が

日本のマンゴージュースはなんか変だ。

「このマンゴージュースは祖国の味だ!」

といっていたので買ってみました。

マンゴージュース

わりと近所のショッピングセンターにはいっている、
輸入品をいろいろ扱っているお店で買いました。


 うん おいしかったです。


これが 祖国の味なのか・・・? う~ん


   日本産のちょっとネクターっぽいジュースのほうが好きかも。



マクドの三角マンゴーパイ と マンゴーのシェイクも食べてみたいな。

19:21  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

高校でも続けるのかな・・・

2007.06.19 (Tue)

哲の部活の大会がありました。

とても白熱したいい試合でした。
最後まで走り回り、パスを回し、シュートを決める哲。
ちょびっと 息子「萌」でございましたよ。

(↑完璧に「親ばか」はいっていますから!)

注)「萌」の使い方が今ひとつわからないので、使い方が違っているかもです。どうやら間違っているみたい・・・なので、
正しい使い方をご存知の方は優しく教えてください^^;



あらら~
試合後 号泣。
帰宅してからも ぼーっとして
塾も休んじゃって、部屋で泣いてたね。

負けて悔しいのと、
打ち込んでいたひとつのことが終わった安堵感と喪失感かな。

敗退した時点で引退。
1年前、相手チームや審判に同情されるような情けない試合をしていた学校とは思えないいい試合だったよ。
お疲れさん!



19:16  |  家族  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ぎりぎり

2007.06.19 (Tue)

週末に行ってまいりました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ の 「受胎告知」
受胎告知

この本は2000円で購入
 オールカラーで作品の説明等。
 何の知識もない私には とても興味深い。
 これで2000円は安いかも。


美術関係てんでなってない私ですが、美術館は好きです。

HPで見たら、普段の週末は夕方からガラガラになるけれど、
16日17日は混雑とのこと。

どうする・・・?
でも イタリアまで見に行くよりは早いよ と(笑)。

今までいけなかったのだから仕方ない。
どうにか時間を合わせて、
出張帰りのだーと待ち合わせしていってきました。

一時間待ち。
二人で あちー(←ホントに暑い日でしたよね) といいながら、
その日あったことなど、話していたら割とあっという間でした。


帰りは、久しぶりにアメ横でぶらぶら。

次はイタリアで見たいなぁ。
ルーブルや大英博物館にもまた行きたい・・・




00:37  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ジェネラル・ルージュの凱旋

2007.06.19 (Tue)

ジェネラル・ルージュの凱旋 ジェネラル・ルージュの凱旋
海堂 尊 (2007/04/07)
宝島社

この商品の詳細を見る

第4回『このミス』大賞受賞作&28万部突破の『チーム・バチスタの栄光』、15万部のベストセラー『ナイチンゲールの沈黙』に続く、大人気・田口&白鳥シリーズ第3弾の舞台は、救命救急センター。


 桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。・・・
00:13  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マンゴー

2007.06.15 (Fri)

マンゴーいただきました。

このごろ なにかと有名な宮崎産ではなく

沖縄県産 完熟アップルマンゴーです。

マンゴー


甘いです。美味しいです。

昔はマンゴー苦手!と思っていたのですが、
これをいただくようになってから、
なんておいしいの!!と思うようになりました。

これは 実家が沖縄の友人からいただいたのですが、
買ったら お高いですよねぇ・・・










23:11  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

使命と魂のリミット

2007.06.15 (Fri)

\"使命と魂のリミット\" 使命と魂のリミット
東野 圭吾 (2006/12/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。
その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う。
あの日、手術室で何があったのか? 今日、何が起きるのか?
心の限界に挑む医学サスペンス。
23:10  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

すっぱくて美味しかったです

2007.06.09 (Sat)

龍(息子)が見かけない地域限定のような大きな缶ジュースを手に持って帰宅。

「何それ?」ときいたら
「ジュース」

そんなの見たらわかるよ。

「買ったの?」
「そこでもらった」

「誰に?」
「わからん」

「知らない人?」
「そう」


1つの質問に
まぁこれ以上ないというくらい簡潔な答えだわ

まぁ答えないよりいいけど。
で、以下 ねほりはほり聞いてわかったこと。

歩いていたら、おばあさんに声かけられて、
○○はどこですか?と聞かれたそうな。

で、彼は知らなかったので、申し訳ないけれどわかりませんと。

すごく困った様子だったおばあさん。
手に持っていた紙に電話番号がのっていたので
「そこにかけたらどうですか」と。

「電話はどこにあるか?」ときかれたから、
自分の携帯を貸そうとしたら、
使い方がわからないからダメと。

で、龍がその番号にかけて、相手がでてからおばあさんにかわって・・・

まぁすったもんだのあげく、場所がわかったそうで。

別れ際に、袋の中から缶ジュース。

いらないといったのに、
ありがとう。助かったと手をとってもたされたと。

いいことしたじゃん。

「俺も外では、それなりにちゃんと話すのよ」 

     だと。家でも話せよ(心の声)


まっ とりあえず グッ ジョブ
17:24  |  家族  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ドミノ

2007.06.09 (Sat)

ドミノ ドミノ
恩田 陸 (2004/01)
角川書店

この商品の詳細を見る

2つの紙袋が偶然入れ違うという小さなできごとが、
まさにドミノ倒しのごとく、しだいに大事件へと膨れあがっていく様子を
コミカルに描いたスラップスティック・コメディ
17:10  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

いか飯 他

2007.06.06 (Wed)

今日はイカが安かったので(5~6はいで200円!)、イカ飯

18個作りました!!(おすそ分け分含む)

小ぶりだったので、
帰宅した哲が ちょっといい?と
できたてを2つばかりぺろり。

いか飯 が おやつ ってどうよ・・・? 別にいいですけど。

ショックその1 
18個は壮観だったので写真と撮ろうと思っていたのに、
すっかり忘れてしましましたよ。

**************

先日なのですが、

神楽坂まで行ったので買ってみた   「50番の肉まん」 

並んで買いましたよ。こんな感じでした。→ ここ


ショックその2
あまりに大きいので写真にとろうと思っていたのに、
ペロリと食べてしまいました

肉まんはこれ 1個300円
肉まん

懐かしいような自然な味。美味しいです。



ついでに  ぺこちゃ○焼 

ここ神楽坂でしか売っていない のですよねぇ

 ↑大げさだけどホントです。不二○のニュースでよく放送されるぺこちゃ○焼はここのです。
も買おうと思ったのですが、
ちょっと時間的に無理で断念。残念~。


↓はご参考までに 我が家の「いか飯」の作り方です。
19:48  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

禿鷹シリーズ2・3・4

2007.06.06 (Wed)

無防備都市 無防備都市
逢坂 剛 (2005/01)
文芸春秋

この商品の詳細を見る


銀弾の森―禿鷹〈3〉 銀弾の森―禿鷹〈3〉
逢坂 剛 (2006/11)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

禿鷹狩り―禿鷹〈4〉 / 逢坂 剛
18:58  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

経過は順調です

2007.06.04 (Mon)

もう 6月! 日がたつのは早いなぁ・・・

気持ちのいい季節ですね。もうしばらく梅雨入りしないで欲しいな。

さて、龍@骨折 ですが、おかげさまで順調に骨はつながっているようです。



龍が 病院 へ行ったときのこと


大きな病院なのですが、初診は待った待った。
元気な人も具合が悪くなりそうな待ち時間。

午前中に行って、
あまりにも人が多く、終わらず、
お昼を食べてきてくださいといわれ、
はからずも、龍とランチ

午後呼ばれて、診療時間は5分程。

だったら、午前中にやってくれ~状態でしたよ。

帰宅したら、4時でした。

あ~疲れた~。



午前中、名前をよばれ、診察室へはいったときのこと。
私もうしろの方にいたのですが。

あら とってもかこいいお医者さん! (とチェックをいれる母でした^^;)
 

龍にいろいろききながら カルテに書き込んでいく。

でもきいていたら なんか変だぞ。


「あぁ ○○で骨折ね。 高校2年?」

  「いえ、3年です。」

「クラスは?」

「君のポジションは?」

「係は?」

「担任は?」

ふつう、どこが痛いか? とか 
    どうやって怪我したか? とかきくものではないですか?

なんか 全然関係ないこときいてる。

というか 関係ないことしかきいてない・・・


龍も妙にまじめに答えていたけど…

???????



なんと龍の学校のOBでした。

カルテには 「○○(龍の高校名)の子 Dr.△△」

と記入され、

それ以降、呼び出しがちょっと早かったようなそうでないような・・・でした。

ちなみに

私は 「お医者さん イケテル人多い  」と思っていたのですが、

龍は 「看護婦(士)さん レベルたけぇ 」と思っていたそうです(笑)

23:35  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

禿鷹の夜

2007.06.04 (Mon)

禿鷹の夜 禿鷹の夜
逢坂 剛 (2003/06)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

信じるものは拳とカネ。
史上最悪の刑事・禿富鷹秋―通称ハゲタカは神宮署の放し飼い。
ヤクザにたかる。弱きはくじく。
しかし、恋人を奪った南米マフィアだけは許せない・・・
23:30  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。