FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

お菓子 美味しかった^^)

2007.08.06 (Mon)

恩師の展覧会に行ってきました。

退職を機に、趣味の絵画の展覧会を開くので
良かったら見にきてねというおはがきをいただいたので。

中学の英語の先生。

当時から
めちゃくちゃさっぱりしていて、
ものすごく悪い男の子達も先生の前では借りてきた猫のようでした。

英語の楽しさ、発音から文法までカッチリたたきこんでくださった
おかげで、今の私があるようなものです。

半ば偶然もあって
高校・大学とも追うように一緒。

「おぉ りくちゃん きてくれたのね~」 (←いまだに「ちゃん」づけ^^;)

一通り拝見してご挨拶してそそくさと帰ろうとした私の腕をつかんで
お茶飲んでいきなさい! りくちゃんが好きなお菓子あるから!

って 私 もう 子供じゃないんですけど・・・

休憩室へ放り込まれ、
お茶と和菓子からケーキまで やたらたくさんのお菓子と
初対面のおじ(い)さん おば(あ)さん(←ほとんど先生方)と
結局 一時間くらい楽しくお話して
その中では 1番若かったものだから、

「独身? いい人世話しようか・・・

あれ子供いるの? えっ? 上は高校生?

たいへんねぇ・・・今度受験なの・・・?」

とホイホイと話の種にされつつ楽しく一時間。


○日までやっているから、またいらっしゃいねぇ と。

また・・・って ねぇ・・・



人には その後の人生に大きく影響するような出会いってあるもので、

今になってみると、

先生との出会いもそのひとつだったんだなぁと感じます。

退職といっても、まだまだ現役。
教育委員会で中途採用の先生の先生をしているそうです。

先生が教えてくれるなら、先生のバイト(今あるんですよね)もいいかなと思ったのでした。

スポンサーサイト



22:59  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ストロベリーナイト

2007.08.06 (Mon)

ストロベリーナイト ストロベリーナイト
誉田 哲也 (2006/02/22)
光文社

この商品の詳細を見る

姫川玲子、二十七歳、警部補。
警視庁捜査一課殺人犯捜査係所属。
彼女の直感は、謎めいた死体が暗示する底知れない悪意に、
追ることができるのか。

22:52  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |