FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

大江健三郎

2006.06.19 (Mon)

「自分の木」の下で 「自分の木」の下で
大江 ゆかり、大江 健三郎 他 (2005/01)
朝日新聞社

この商品の詳細を見る
「新しい人」の方へ 「新しい人」の方へ
大江 健三郎 (2003/09/19)
朝日新聞社

この商品の詳細を見る

↑の本は、青少年向けに書かれたものなので、たいへん読みやすいです。
ノーベル文学賞受賞:大江健三郎さんの本は難しい。

実家の父の本棚には全巻揃っているのですが、

悔しいから忍耐で読んだ本もありますが、
読みかけては、
難しいぞ・・・読めないぞ・・・と投げ出しています(恥)


ムズカシイ中で、何冊か読めた本があります。

大江健三郎さんのお話を聞く機会に恵まれたので、
先日来、何冊か読み直してみました。

その中の一冊
20060612181618.gif

この本を最初に読んだときには
衝撃を受けたことを覚えています。
文章に、内容に、主張に、それからご家族のすばらしさに。


ご存じのように
大江氏のご長男は 音楽家の大江光氏です。

光さんは もう成人していらっしゃる天才的な音楽家ですが、
4歳児くらいの知能なのだそうです。


この本には
彼のこと。そして、彼をつつんでいる家族のこと。
もかかれています。
たいへん読みやすいです。
なんといってよいかわからない感動です。



スポンサーサイト



19:46  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://icemilktea77.blog42.fc2.com/tb.php/202-68229fe5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |