FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

岩城宏之氏逝去 

2006.06.14 (Wed)

日本を代表する指揮者でエッセイストとしても活躍した岩城宏之氏が、13日未明、逝去。

岩城宏之氏
東京生まれ。
東京芸大在学中、N響の副指揮者に就任
オーストラリアのメルボルン交響楽団首席指揮者
ベルリン・フィルやウィーン・フィルの指揮台にも立った。
日本初のプロの室内楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢の音楽監督
2004・2005年大みそかには、ベートーベンの交響曲全9曲を一気に演奏するマラソン・コンサート




かなり前になりますが、インスタント・コーヒーのCMにも出演。
本も多数出版。
「棒ふり」と名乗ったエッセーは、とても楽しく読んだ覚えがあります。

私は、岩城さんのかなりのファンです。

というのも、
幸運にも、岩城宏之さんの指揮で演奏をしたことがあるのです。

当時、私は、大学生でした。

夕方から始まる練習は、夜遅くまで続いて。
自宅通学の私は、家が超厳しく、
門限をとっくに過ぎた時間だったけれど。

いつも、演奏会といえば、
背中をみるばかりのプロの指揮者が
自分の方をむいて指揮をしてくれるわけですから、
大興奮でした。



岩城さんは、
練習に対してはたいへん厳しく真摯でしたが、
ちっとも偉ぶることなく、
学生にも、たいへん優しく
リラックスさせてくださいました。

私は、
どうも指揮棒より
指揮者の顔をじっと見てしまう癖があるようで(^^;・・・

「そんなに顔を見つめられたら、
恥ずかしくなりますので、
指揮棒を見てくださいね。」

なんて言われたりしました(思い出すと恥ずかしい)。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。






スポンサーサイト



20:06  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

コメント

rikuさんには岩城宏之さんとのそんなに素晴らしい思い出があったのですね。ひょっとしてrikuさんのなさっていた楽器はバイオリンですか?
私は、何度か岩城宏之さん指揮の演奏を聴きに行って、それこそ背中を拝見したことがあるだけです。
本当に偉い方は、本当に偉ぶらないですね。
ご冥福をお祈り申し上げます。
ころん |  2006.06.15(木) 10:08 | URL |  【編集】

私はこの方を存じ上げませんけど、とても凄い方のようですね。
rikuさんは恵まれた環境の中で、音楽を学んでいたんですね。

岩城さんにご冥福お祈りします。
ビールボーイ |  2006.06.15(木) 10:53 | URL |  【編集】

ころんさんへ
ころんさんがいらしたのはN響でしょうか?そういえば、NHKホールの喫茶室だったかで、コーヒーをのんでいらっしゃるのに遭遇したことがあるのを思い出しました!
楽器はバイオリンではないんです。マイナーな楽器なんです^^;

ビールボーイさんへ

確か だばだ~♪違いのわかる~コーヒーののコマーシャルに昔でていたような。ビールボーイさんはまだ子供だったかも・・・^^;
「恵まれた環境」・・・そうですね。音大に行ったとかではないのですが、ラッキーなことが多かったです。海外や国内の演奏旅行とかにも、連れて行ってもらえましたし。感謝ですね。
riku |  2006.06.15(木) 21:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://icemilktea77.blog42.fc2.com/tb.php/213-cc8f5359

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |