FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

村山由佳

2006.06.20 (Tue)

夢のあとさき―おいしいコーヒーのいれ方〈10〉 夢のあとさき―おいしいコーヒーのいれ方〈10〉
村山 由佳、志田 光郷 他 (2006/05)
集英社

この商品の詳細を見る
勝利とかれんついにクライマックス!
やっと完結~!! あれっ続くのかな・・・?
「おいコーシリーズ」 ことおいしいコーヒーのいれかた 

高校3年生になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい!いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめ・・・・



ついにクライマックスです。
完結かと思ったけどどうやら違うようで。
うん 終わりという感じではなかったですが。

勝利とかれん やっと やっと~!!です。
やっと・・・何なんだ?とお思いの方・・・読んで見て下さい(笑)

第一巻を図書館でふと読んで、
昔を思い出すような?ほんわか甘くて素朴で清楚な感じがいいな。と。
切なくて、ちょっと恥ずかしいくらい?の感じです。

その後、ずっと続いているので読んでいましたが、
ちょっと う~んじれったーい (ちょっとウザイ?)状態で。
今回 進展!

ジャンプノベルズ で出版されていますが、
その後にでる 文庫版の方がイラストも私好みです。。

村上由佳さんの公式HP

村山由佳公式サイトYUKA BLUE は こちら

村山由佳の「COFFEE BREAK」は こちら





この下のほうのHPで、おいコー はネット連載をしていました。
一巻分まとまるとネットから下げて、本を出版というかたち。

ほとんど全部、ネットで読ませていただきました。
連載だと、う~次は次は?と欲求不満に陥りますが。
本が出版されたら、図書館で借りて。


この村山由佳さん。

きっかけはおいコーでしたが、
その後次々本を読みました。

で、この人、ナンカとるぞ!と思っていたら
直木賞受賞!

ちなみに、
「インストール」を読んでこの子も出てくるかも・・・と思っていたら
「蹴りたい背中」で なんと芥川賞受賞の綿矢りさ。

一瞬見る目あるじゃん私!と思ったけれど、そうじゃなくて
やっぱり星のように光り輝く人は地上の凡人からも輝いてみえるんだなぁと納得。


村山由佳さんの作品はどれもまっすぐでピュアな雰囲気の中にあるように思うのですが、
その根底には、彼女の生活や考え方があるんだなと。↓の本を読んで感じました。 
楽園のしっぽ 楽園のしっぽ
村山 由佳 (2005/07/14)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
 疲れたとき、読んで見て下さい。いい本です。

今 どうやら好評らしい「星々の舟」予約中です。(楽しみ~)
スポンサーサイト



17:36  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://icemilktea77.blog42.fc2.com/tb.php/218-b0634232

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |