FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

悪意 東野圭吾

2006.08.28 (Mon)

悪意 悪意
東野 圭吾 (2001/01)
講談社

この商品の詳細を見る

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。
第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。
犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機・・・・・
「悪意」は 超一流の フー&ホワイダニット といわれています。

推理小説において、事件の解明に必要な3つの要素 

犯人:犯行方法・動機

のうちどれを重視するかによる分類が
 
フーダニット、ハウダニット、ホワイダニットといわれるものです。

    注)フーダニット = Who had done it?

ちなみに、この3つの分類は、
推理小説の興味の対象が、
単なる犯人当て → トリックの面白さへ → 動機重視
 へと変わっていくという推理小説の発展史と重なります。


さて、この「悪意」 ですが、

読んでいて、まぁいともあっさりと犯人が明らかになってしまいます。
この犯人は私も予想した通り。
でも、私の予想で終わるはずのない 東野作品(笑)。

まだ半分異常のページが残っているし・・・後はどうなるの?

犯人の手記

刑事の手記



次々と 動機 が判明していくわけです。

内容も手法もおもしろいです。

ぜひ どうぞ。

スポンサーサイト



18:39  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://icemilktea77.blog42.fc2.com/tb.php/282-8a392a3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |