FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

高校でも続けるのかな・・・

2007.06.19 (Tue)

哲の部活の大会がありました。

とても白熱したいい試合でした。
最後まで走り回り、パスを回し、シュートを決める哲。
ちょびっと 息子「萌」でございましたよ。

(↑完璧に「親ばか」はいっていますから!)

注)「萌」の使い方が今ひとつわからないので、使い方が違っているかもです。どうやら間違っているみたい・・・なので、
正しい使い方をご存知の方は優しく教えてください^^;



あらら~
試合後 号泣。
帰宅してからも ぼーっとして
塾も休んじゃって、部屋で泣いてたね。

負けて悔しいのと、
打ち込んでいたひとつのことが終わった安堵感と喪失感かな。

敗退した時点で引退。
1年前、相手チームや審判に同情されるような情けない試合をしていた学校とは思えないいい試合だったよ。
お疲れさん!



ちょっと感じていたことを。


中学校の部活動は、指導者に左右されると思います。
体育関係で名前の出る常連校の私立でない限り、
子供のレベルも練習時間も そうかわらないはず。
限られた時間の中で、
無理なく無駄なく効率的に教えてくれる指導者がいたら…と
何度願ったことか。

技術はなくていいから
せめて 子供と向き合ってくださる先生なら・・・


技術も知識もない。
指導できないのに、親の前では嘘までつく。
家が遠いと部活にでてもこない、
生徒の話はきかない、
練習場所の確保、練習試合など一切の事務は放棄。
気が向かないと生徒にあたる、
それなら 引きうけないで欲しい・・・という先生でした。
ついでにいうと、
授業も全然わからない・・・何いっているかよくわからないとクレームも多かったそうな。

その先生が多分追い出されるようにめでたく?転出なさって、
新しい先生に。

今まで我慢してきた ご褒美のような すばらしい先生。


短期間でよくこれだけ巧くなったと。
それだけに それまでの時間を返せといいたかった。

あの先生は、結局 たらいまわしのように他の学校で
また同じことをやって、

でも 辞めさせられることもなく、
また別の学校で・・・・ ってやっていくのかなと。

すばらしい先生も多くいらっしゃるけれど、
ああいう先生に 辞めていただくことができないって 

変だと思いません?



スポンサーサイト



19:16  |  家族  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://icemilktea77.blog42.fc2.com/tb.php/501-215efd5a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |