FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

手紙

2007.08.21 (Tue)

手紙 (文春文庫) 手紙 (文春文庫)
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。
しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、
「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。
人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。
犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。
この本も重かったです。
でも どうにもこうにも最後まで読みたくて一気に読みきりました。


殺人犯の兄。
弟は ほとんどすべてのものを失い、
努力の末に幸せをつかもうとすると、
兄が殺人者であるという理由だけで奪われる。

兄が犯した殺人が弟のためであったことも弟を苦しめる。

犯罪加害者の家族に焦点をあてて描いた作品は珍しいのではないだろうか。

加害者とその家族の人格は別だとわかっていても、
やはり 社会的には家族にも罪があるかのように扱われる現実。
人生すべてにかかわってくる。

頭では別人とわかっていても、
やはり 積極的に雇用したいと思うよりは
かかわりたくないと思うほうが多いだろう・・・


弟によき理解者がいてくれたことが
唯一の救いかな・・・


昨年映画化もされた「手紙」 
   公式サイト→  こちら 




スポンサーサイト



23:58  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://icemilktea77.blog42.fc2.com/tb.php/545-5837c571

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |