FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

分身

2007.09.05 (Wed)

分身 分身
東野 圭吾 (1996/09)
集英社

この商品の詳細を見る


私にそっくりな人がもう一人いる。
あなたにそっくりな人がもう一人。
札幌で育った女子大生と、東京で育った女子大生…。
北海道育ちの鞠子。
彼女は 母にも父にも似ていない。
そして 母の自分への態度に不安を感じて育つ。
そして、ある日事件が起こる。

東京育ちの双葉。
バンド活動でテレビに出ることを
女手一つで育ててくれた母は ひどく嫌がる。
なぜ・・・?
そして、こちらでも事件が。

何の接点もないはずの二人が、 同じ顔 をしている。

・・・同じ顔というところで、
多分こういうことだろうと理由の見当はつくのであるが、
一体何があったのか、
どう展開していくのか?
目がはなせない。

赤の他人のはずの二人には、
顔が同じ というほかにも実は共通点があり、
そのへんの小物の使い方もさすがである。


この先はちょっとネタばれになります・・・














この作品が書かれた当時
羊のドリーで「クローン」は
誰もが知っている事項となっていたかもしれないが、
「代理母」「対外受精」など
ことばとしては今ほどの認知度はなかったと思う。
またまた 東野氏の知識や興味の広さ・深さを感じた作品。
スポンサーサイト



00:39  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

ちょっと気になるな~と思って古本屋に行ってみたけど、おいてなかったです。東野作品は結構あったんですけどね。

俺もこれから本を読んでrikuさんのように知性に満ちた人になりたいです。
ビールボーイ |  2007.09.11(火) 07:50 | URL |  【編集】

ビールボーイさんへ

古本屋さんになかったですか?
ちょっと前の本なので、図書館の方が手に入りやすいかもしれないですね。

>知性に満ちた・・・
大きな大きな誤解が・・・(笑)
この誤解は解かないほうがいいか・・・^^;
riku |  2007.09.12(水) 20:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://icemilktea77.blog42.fc2.com/tb.php/552-87940fe4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |